忍者ブログ
12 3 4 5 6 7 89 10 11 12 13 14 1516 17 18 19 20 21 2223 24 25 26 27 28 2930 31
mou*sou物語の記事一覧

[PR] 

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

出会いのエピソード4 

5時10分前に家を出て
マンションのエントランス横のラウンジへ向かった。

 

すると
既に彼は来ていた。

 


中庭に面したソファに
こちらを背にして座っている。

 

私は呼吸を整えて
彼に近付いた。



 


遠慮がちに覗き込むと・・・・
彼は・・・



寝ていた。


 


その寝顔があまりにも美しくて
私は暫く
彼の顔に見とれていた。



 

 

視線を感じたのか???
ふいに彼が目を開けた。




「あ!ルナさん・・・」





「こんにちは」





「オレ寝てた?やべ~
ヨダレとかたらしてなかった?」

と口元を拭く仕草がかわいかった。





「ごめんなさい。お待たせした・・・?」




「大丈夫です。さっききたばかりで・・・」
そう言うと彼は大きくあくびをした。

 

「あ、すみません。女性の前で」
はにかんだ笑顔が
私の心の中にスッと入ってきた。

 


「いいの。それより・・・どこに行きましょうか」
 

 

「じゃあ超美味しいイタリアンのお店、どうですか?」
私がこくんとうなずくと

 

「よっしゃっ!!」とソファから立ち上がり

 

「行きましょう」と先にたって歩き出した。




 


タクシーに乗って10分程で
「超美味しいイタリアン」のお店に着いた。




 

 

そこはおしゃれなお店が立ち並ぶ表通りから
少し中に入ったところに
あって

 


一見するとお店とはわからないような佇まいだった。


 

 

「ここ、オレのオヤジの友達がやってるお店なんです。
お店っていうか・・・普通の家を改装したっていうか。
そんな感じなんです。
でもとびきり美味しいですよ」




あらかじめ予約してあったのか

 

小さな庭が見える
一番いい席に案内された。




Antipastからはじまった
イタリアの家庭料理は
どれもとても美味しく
そしてタイミングよく運ばれてきて

 

彼と私は楽しい夕食の時間を過ごした。

 

 

オーナーの
「また来て下さい」
ということばに送られて店をあとにした2人は
少し歩いて


食後に飲んだレモンチェッロの酔いをさました。




 


「ルナさん。今日はご馳走さまでした。」
ペコっと律儀なお辞儀をした彼は
「僕がご馳走しますからもう一軒寄っていきませんか」
と言った。

 

彼の提案はとても嬉しかったけど


 

私は明日早朝から仕事があることを理由にして
帰る事を選んだ

 


「なんだかこのまま帰るのはもったいないな。
だってまだ9時前だし・・・」

 

少し困った顔をした私を見た彼は

 

「うそうそ。帰りましょう。
しつこくしてルナさんに嫌われたくないし」と
おどけたように言うと


 

左手を挙げてタクシーを停めた。




 

 

 

 

拍手[0回]

PR
▼つづきはこちら▼

出会いのエピソード3 

私は仕事が忙しく
ケガから1週間休みが取れなかった。

 

右足の捻挫は少しずつ回復し腫れもひいてきた。

 


そんなある日
PCに見知らぬアドレスからメールが届いた。


 

 

 

捻挫は大丈夫ですか。

治ったら飯行きましょう。




 

たった2行のメール

送信してきたのは
彼だった。




そうだ・・・
この前名刺渡したんだっけ。
名刺にはPCのアドレスだけで携帯ののアドレスは載せていない。




 

私は迷ったけど
そのままPCから返信した。




 

先日はありがとうございました。
おかげさまで捻挫はかなりいい状態です。




 


我ながら色気もそっけもない文章だと思った。

するとすぐに
PCに返信が来た。





 

捻挫治ってきてよかった。

いつ飯いけますか。

それと
ルナさんの携帯アドレス教えてください。






 

 

私はすぐに返信が来た事に驚き
同時に携帯から返信しなかった事を後悔した。

彼にじらしていると思われなかっただろうかと・・・


私は携帯に彼のアドレスを登録し
今度は携帯からメールを送った。





 


明日なら都合がつくのですが
あさってからしばらくお休みがないのです。

その後ですと来月に入ってからになるかと思います。





 


彼からの返信はすぐにやってきた。





 


はじめにピースの絵文字が入り

 

やった!!

携帯からメール嬉しいです。

明日あいてます。

じゃあ5時にエントランス横のラウンジで待ってます。




 

 

私は
私の胸が早鐘を打っていることに気が付いた。


でも・・・
彼は最近売り出し中の
人気モデルで

時々ドラマにも出たりしている。


そんな人と
食事なんかに行っていいの?
しかも彼はわたしより8才も年下の22才

どうなの・・・・

自問自答を繰り返した。


でも・・・
その時気が付いた

そうだ。
これはこの前のお礼よ。

お世話になったんだから
きちんとお礼はしなきゃいけないわよ。

うんうん。
そうよ!

そうよ!!

そうよ~!!!


そう結論付けて
自分を納得させた。

 

 

 

 

 

拍手[0回]

出会いのエピソード2 

朝、足の痛みで目が覚めた。
右足の足首が腫れている。

 

そういえば・・・
エントランスのところで転んだんだっけ・・・

 

これは病院へいかなければダメかな。

 

ベッドから降りようとしたけど
床に足をつくだけで
涙が出るほど痛くてどうにもならなかった。


 


携帯が鳴った。
アシスタントの女性からだった。
昨日の撮影で若干の撮り直しが生じたため
午後からスタジオ入りして欲しいと依頼が来たというものだった。

私は彼女に事情を話し
病院へ行くので少し遅れる旨頼んだ。


 


思っていたよりも時間がかかってしまった。
診察を終えスタジオに急いだ。


 


撮り直しは10カットほどで
私がスタジオに着いた時
ほぼ半分のカットを撮り終っていた。

 


搬入された花のコンディションをみるため控え室を
見に行った。

 


丹念にチェックを入れながら
書類に目を通している時

トントンと背中をたたかれた。

 

振り向くと
そこに
彼が立っていた。


 


「これ」と彼がプラスティックバックを
ぶっきらぼうに差し出した。

 

「あ、はい・・・・
あ、昨日はありがとう。とても助かったわ。
私お礼も言ってなくて・・・。
ごめんなさい」

 

手渡されたものを受け取りながらそう答えた。

中をのぞくと
そこにはたくさんの湿布が。

 

「あ!ありがとう。でもどうして?」

 


「スタッフさんに聞いたんだ。今日はいらっしゃらないんですかって。
そしたら捻挫しちゃったって。病院に寄ってから来るって言うから。」

 

「それでわざわざ湿布を?」

 

彼ははにかむように笑いコクンと頷いた。

 


昨日と同じだわ・・・
このはにかんだ笑顔・・・と
思ったその時

ドキッと一つ
トキメキの鐘が鳴った。

 

 

カメラの前に立ち
カメラマンの要求に答えている彼は
笑わない。

クールな表情で魅せるから・・・・


笑うとこんな表情になるんだ・・・


 


「ありがとう」
なぜか私は少しだけそっけなく言った。

 


「じゃあ・・・オレはこれで・・」
そう言ってスタジオに戻りかけた彼が
なんだか少し言いにくそうに


「あ、それと・・・オレ・・・あなたの名前知らなくて」
 


私は名刺入れから名刺を出し
「申し遅れました。月丘ルナと申します」
と立ち上がろうとした瞬間

 

バランスを崩して
よろけてしまった。
 

そして
あっ・・と思ったその時
咄嗟に差し出された彼の手にしがみついてしまった。
 


「ごめんなさい」
 

「大丈夫?・・・ルナさん」
 

私のトキメキの鐘がもう一つ鳴った。

拍手[0回]

出会いのエピソード1 

大学時代の仲間で集まる会を
最低1年にい1回は開いてる彼とその仲間たち
 

今日は去年の夏以来という
その集まりに行くため
 

彼は夕方から出かけて行った。
 


彼がいない家の中は
ひっそりとして寂しく

ただでさえ広いリビングがよけい広く感じる。


 

 


休み明けの仕事に備えて
私は仕事部屋で資料をまとめることにした。

手にしたファイルを開くと
私と彼が初めて会ったあの日に撮影した
花の資料と一緒に
一枚の絆創膏が出てきた。




***********


その日はスタジオで
雑誌の撮影だった。
 

花と男性モデル達というコンセプトだった。

たしか10人程の男性モデルがいたと思う。
 

ひとりひとりのイメージに合わせて花をセッティングしなおす
花は脇役だけど
彼らの魅力を最大限に引き出す小道具であり
寄りの画も多く
花の鮮度を保たせるのが大変だった。

 

カメラの前で彼らの作り出す表情は
まさしく十人十色で

女性の私から見ても
目の保養になりますね的なのりだった。

 

彼の番が来た。
はじめは白いコットンシャツを着たアップ
手に持つ花はガーベラ
 

さまざまな表情を見せる彼
 

カメラマンの要求にも余裕の表情で応える
 

さすがクールな彼だけあるわと
たいして気にも留めずに
私は自分の仕事をたんたんとこなしていた。

 


白のジャケットの胸元に
アレンジメントのコサージュをとめようとした時
私は誤って自分の指をピンで刺してしまった。
 

「痛・・」と声が出てしまった
 

その瞬間にカメラを見ていた彼の目が
私の指をとらえた
 

「大丈夫ですか」
ちいさく聞かれた私は
コクンとうなずき
すぐにその場を離れた。
 

刺した傷から出る血で
モデルの白いジャケットを汚したら大変
 


私はアシスタントに後を任せて
スタジオの隅で傷の手当をしていた。


 


休憩も兼ねて
椅子に座っていると
 

「これ」と差し出された絆創膏。
 

顔をあげると
そこに立っていたのは
彼だった。
 

「ありがとう。でもほら」
私は既に絆創膏が貼られた右手を見せた。
 

「あ、そうですよね。」
と引き返そうとする彼に
 

「でも、もらっておく。その絆創膏。」
と声をかけ
彼の左手から絆創膏を抜き取った。
 

「この仕事に絆創膏は必需品なの」
 

彼ははにかんだように笑い
何か言おうとした。
 

でも
「おーい」
スタッフから声がかかり
彼は小走りでその場から立ち去っていった。
 


その後も撮影は順調に進み日付が変る頃予定通りに終了した。
 

 

少し疲れていた私は
事務所に戻らず直接自宅へ戻ることにした。
 


もう深夜2時近く
マンションのエントランスには全く人影が無く
シーンと静まり返っていた
 

オートロックの施錠を解除しようとしたとき
手に持っていた荷物を降ろさず横着をしたばかりに
何の拍子か
けつまずいて転んでしまった。

エントランス中に音が響き渡り
心臓が縮みあがった。
 

その時
私に向かって
駆け寄ってくる男性がいた。
 

びっくりする私を抱き起こし
「大丈夫ですか」と声をかけてくれた。

どこかで聞いたことのあるこの声・・・

 

顔をあげると
声の主は
昼間の彼だった。


「どうして・・・」
 

「あ、オレここに住んでるんです」
 

「ホントに・・・」
 

「こんな深夜に嘘言いません」
 

彼はちらばった荷物を拾い集め

自分の鍵でロックを解除した。
 

「オレが部屋まで荷物運びますよ」
てきぱきと動くその姿にあっけにとられ
彼の指示に従い

無事に部屋に帰りついた

 

玄関先まで荷物を運び入れた彼は

「もう遅いんでこれで帰ります。
今度オレに飯ごちそうしてください。今日のお礼に」
 

そういうと
颯爽とエレベーターホールのほうに消えていった彼。

 

私は何がなんだか混乱する頭で部屋にあがり
とりあえず落ち着こうと冷蔵庫からミネラルウォーターのボトルを出し
そのまま一気に飲みほしてしまった。

 

拍手[0回]

(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
HN:
luna
性別:
女性
自己紹介:
彼の日記を元にlunaが妄想で日記を書いてます。
もちろん全部フィクションです。
あなたもlunaと一緒にステキな妄想してみませんか。
できれば「luna=あなた」で妄想しながら読んで下さい。