忍者ブログ
1 2 3 4 56 7 8 9 10 11 1213 14 15 16 17 18 1920 21 22 23 24 25 2627 28 29 30 31
mou*sou日記の記事一覧

[PR] 

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Blood Moon 

ルナ窓の外を見て


彼からそんなメッセージが入った。



私は窓際に寄り
暮れかけていく春の空を仰いだ



そこには
赤い色をした
妖しい月が・・・ポッカリと浮かんでいた


それはBlood Moonと呼ばれる赤い月だった


本当はまん丸なはずの月の

上の部分が少し欠けていた



私は胸が傷んだ・・・



彼に対する私の気持ちを
映しているかのようだった



本当は
凄く
凄く
愛しているのに

胸の中にモヤモヤとした春霞がかかっていた



わかっている・・・
わかっているのに

わかってない・・・

自分の気持ちが
うまくコントロールできなくなっていた。





「ルナ!」


その時
リビングのドアが開いて
彼が息をきらして入ってきた。


「ふーーっ
間に合った・・・

ルナと見たかったんだ・・・赤い月」


そう言ったかと思うと
いきなり私を抱きしめた。

後ろから
ギュッと抱き締められた・・・


彼はそのまま首筋に唇を這わせて耳元で囁いた


「ここで・・・抱いていい・・・?」


なんて答えればいいのかわからないうちに


私はそのまま
彼とひとつになった


少し欠けた赤い月が
彼と私の秘め事をそっと見守っていた






「愛してる・・・ルナ・・・」


薄れていく意識の中で
彼の言葉が
胸の中の霞を晴らしていった・・・




気がつくと
私は彼の腕の中で微睡んでいた

目の前にある
彼の唇を
そっと右手の人差し指でなぞってみた


「ごめん・・・」


「どうして謝るの・・・」


「ここんとこずっと・・・ルナの様子が変だったから」



「・・・・・・」



彼の唇が私の唇にそっと重なった。



私の頬を涙が伝った。



「ごめんなさい」


「どうして謝るの・・・」
彼はさっきの私と同じ言葉を口にした。


「ヤキモチ妬いてた・・
仕事だってわかってるのに・・」






「ルナだけだよ・・・
ルナだけを愛してる」

彼はまるで子どもをなだめるように
私の頭を撫でた


私は目を閉じて
もう一度彼の背中に腕をまわした



欠けていた赤い月は
いつのまにか
満たされた月になっていた

青白い光が
窓からそっと差込んで

彼と私を照らしていた・・・・







にほんブログ村 芸能ブログ 男性アイドルへ
にほんブログ村









拍手[5回]

PR
▼つづきはこちら▼

恋人雪だるま 

今年2度目の雪が降った。


高層マンションからみる地上は一面の銀世界・・・
いつもとはまるで別世界だった。


降りしきる雪を見ていたら彼から電話がかかってきた。


「ルナ、今、いつもの公園にいるんだ。ちょっと出て来れる?」


「無駄な外出は控えてくださいってテレビで言ってた」


「そんなのクソ喰らえだ」

電話の向こうの彼が笑いながら言った。



外に出ると
白い雪に闇を奪われた夜は
ほんのりと明るかった。


公園に着くと彼の姿がない。

雪は横殴りに降ってくる



私は不安になって大きな木の下に隠れて彼の姿を探した。

ポン
と背中に何かが当たった。

振り返ると
いたずらっ子みたいな顔で雪玉を投げる彼がいた。


私と彼は二人で雪合戦をした。

きゃーきゃー言いながら
二人ではしゃいだ。


見るとかわいい雪だるまも作ってある。

「これ一人で作ったの?」

「ルナに見せようと思って」

「一緒に作りたかったな」

「じゃあもういっこ作ろっか」

彼と私は力を合わせて雪だるまを作った。

二つ並んだ雪だるまを見て彼が言った。

「恋人同士だね」


彼と私は手をつないで恋人雪だるまを見ていた。

「ルナ雪まみれ」

彼が笑う

「ほらここにも雪が・・・」

そう言って
優しいキスをくれた。

凍えた唇をとかすのは王子さまのキスだけ・・・


そんな私たちを
恋人雪だるまだけが見守ってくれていた。












にほんブログ村 芸能ブログ 男性アイドルへ
にほんブログ村















拍手[2回]

▼つづきはこちら▼

.:*・゜.☆.。.:*・゜Lunaです.:*・゜.☆.。.:*・゜ 

いつもLunaの妄想ブログにお越しいただきありがとうございます。


実は最近『占いツクール』というところでお話し書いてます。

mou*souしてもいいですか
に来てくださる方は
架空のお話しなども楽しんで読んでいただけるかも・・・
と思って
ここにリンク貼ってみることにしました。

読み手が主人公の名前を設定できることができるので
是非あなたの名前を設定して読んでみてください。

「お話を選んでね」のうえに
「お名前」という欄があるので
そこに名前を入れてみてください。



残念ながら(笑)
エロくありません。

まだお話しは途中だし
この先どんな展開になるかとか全く考えてないんですけど・・・
(もしかしたらちょっぴりエロも入るかも・・・)

もしよろしかったら
覗いてみてください。


↓こちらをクリック

Hug Me Tonight



.:*・゜.☆.。.:*・゜それから・・・.:*・゜.☆.。.:*・゜
拍手にコメント頂きありがとうございます!!
とても嬉しいです&励みになります
ちゃんと読んでおりますのでご安心くださいね

気まぐれな妄想ブログですが・・・これからもどうぞよろしくお願い致します







にほんブログ村 芸能ブログ 男性アイドルへ
にほんブログ村










拍手[3回]

もしもそっくりな人が・・・ 

雪の日の朝
彼の腕の中で目をさました。

そのままずっと・・・まどろみながら降りしきる雪を見ていた。



「ルナ・・・」

「ん・・・?」

まだ少し眠そうな彼の顔を見上げるようにして答えた。


「こんなに沢山の人がいるのに・・・同じ顔の人いないの不思議だね・・・」
彼は左手で私の髪を撫でながら言った。


「そうね・・・」


「昨日・・・信号待ちしてて思ったんだ・・・」
そんなことを考える彼が好き


「もしも・・・」

「もしも?」

「私にそっくりな顔の人がいたらどうする?」

「ルナにそっくりな人?」

「顔はそっくりだけど・・・私よりスタイルよくて胸も大きくてそれで・・・」

「ルナはルナだよ・・・」

私の言葉を全部聞かずに彼は私をぐいっと
自分の方へ抱き寄せた。

「ルナにそっくりでも・・・ルナじゃない」

「俺が愛しているのはここにいるルナだけだよ・・・」





私は彼の背中に回した腕に力を込めて
彼の裸の胸にそっと唇を寄せた。




彼と私は

空から降る白い雪のように
ふわふわと宙を漂い

地上を目指して舞い降りていった・・・










にほんブログ村 芸能ブログ 男性アイドルへ
にほんブログ村














この前
仕事の飲み会で
「僕の友達に山Pそっくりな奴がいるんだけどさ」
って言われたの

いや~
そっくりでもいいけど
その人はPじゃないし

そっくりな奴とかにまるで興味のない私でした(笑)

拍手[4回]

雪ダルマ 

冷たい・・・??

おでこに何か冷たいものが・・・くっついてる???



目を開けると
彼の顔が目の前にあった。


「ゴメン・・おこしちゃった?」

「雪・・だるま?」

彼の手のひらに
小さな雪だるまが乗っかっていた。

「バルコニーにちょっとだけ積もってたから
無理やりダルマにしてみた」

そう言って
ふふふふっ
と笑った。


「ルナ・・もう大丈夫?」
雪だるまのかわりに今度は左手を
私のおでこに当てて言った。


「ん・・・ずっと寝てたから・・」

ここのところ仕事が忙しくてずっと無理してた。

寝不足と心労が重なってとうとうダウンしてしまった。
だから今日は朝からベッドの中で過ごした。


「子守唄歌ってあげよっか・・」

「子守唄?」


彼は静かに歌い始めた。

優しいメロディと
優しい歌詞


「新しい曲できたんだ・・・ルナに最初に聴かせたかった」

「ありがとう・・・」




疲れきった心に一番の薬だと
彼の華声を聴きながら
涙が溢れた。


彼はそっと涙にキスしてくれた。







にほんブログ村 芸能ブログ 男性アイドルへ
にほんブログ村















新しい曲できて
それを一番最初に誰に聴かせるのかな・・・


好きよ智久emoji

拍手[5回]

(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
HN:
luna
性別:
女性
自己紹介:
彼の日記を元にlunaが妄想で日記を書いてます。
もちろん全部フィクションです。
あなたもlunaと一緒にステキな妄想してみませんか。
できれば「luna=あなた」で妄想しながら読んで下さい。