忍者ブログ
12 3 4 5 6 7 89 10 11 12 13 14 1516 17 18 19 20 21 2223 24 25 26 27 28 2930 31

[PR] 

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

舞台 

開演前のロビーは
行き交う人でごった返していた。


 

これから始まる舞台への期待が
観客ひとりひとりをウキウキさせているような
そんな感じで・・・。
 

 

 

今日は二人別々。
それぞれでチケットを持ち
現地集合(笑)


 


私は華やかな雰囲気のロビーを抜けて
客席についた。


 


開演を告げるベルが鳴りはじめた時
彼がすっとやってきて私の右隣に座った。


 

 

物語がクライマックスを迎える頃・・・
彼の左手が私の方へ伸びてきて
そっと私の手を握った。


 

私もそっと彼の手をにぎりかえした。

 

 

 


舞台のあとも
それぞれ別々にシアターを出て
ヒルズのラウンジで待ち合わせをした。



 


私より30分程遅れて彼がやってきた。
今日の舞台で主役を演じた彼の親友と一緒に。

 


3人で会うのは久しぶり。
早速
舞台の成功を祈って乾杯した。


 

1時間程楽しい時間を過ごして
彼の親友は
これから明日の打ち合わせなんだ。
と、帰っていった。




 

 

舞台を観たせいなのか
かなり気分が高揚している様子の彼は

テーブルのキャンドル越しに
熱く私を見つめていた。


キャンドルの炎が
彼の瞳に反射してキラキラ輝き
いつもよりも精悍な表情をうつし出していた・・・。

 


そして
「今夜はここに部屋をとったよ」と
席をたった。

 

 

 

 

 


 

▼つづきはこちら▼

この記事へのコメント

この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








この記事へのトラックバック

この記事のトラックバックURL

(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
HN:
luna
性別:
女性
自己紹介:
彼の日記を元にlunaが妄想で日記を書いてます。
もちろん全部フィクションです。
あなたもlunaと一緒にステキな妄想してみませんか。
できれば「luna=あなた」で妄想しながら読んで下さい。