忍者ブログ
1 2 3 4 5 6 78 9 10 11 12 13 1415 16 17 18 19 20 2122 23 24 25 26 27 2829 30 31

[PR] 

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今欲しいもの 

朝寝坊の彼を起こすために
寝室をのぞくと・・・


 


ベッドの真ん中に
大きく両手を広げて
大の字に寝ていた。

 


彼にそっと近付いて・・・

 

鼻をつまんじゃおうかな~と思ったら
ぐいっと腕を引っ張られて

 

彼の隣に倒れこんでしまった。


 

 

「おはよう」
ちょっと鼻にかかった甘い声
私が大好きな彼の声


 


「おはよう」
そう言って
お目覚めのキスをした。


 

 

「ねぇルナ
オレさぁ・・・今・・・欲しいものがあるんだよな・・・」




 


「何?」



 


「ルナ・・・」
彼は私の目をじっと見つめた。





 

私は彼の瞳に吸い込まれしまいそうになって
そっと目を閉じた



 

 


「なんちゃって!
そういう欲しいとかじゃなくて
すっげぇ寝心地のいいベッドが欲しいんだ。」

 


茶目っ気たっぷりの笑顔でそう言われて
ちょっと拍子抜けした私は




 

 

「このベッドだって充分寝心地いいと思うけど」
とぷーっとホッペを膨らませた。




 

「そうなんだけど・・・
このベッドをさらに上回る寝心地の良さを持つベッドが欲しいんだ」

 

 

「じゃあ今度探しに行く?」

 


「無駄にでかいっていうのもいいかも」


 

 

朝から他愛ない会話を交わす

私と彼なのでした。

 

▼つづきはこちら▼

この記事へのコメント

この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








この記事へのトラックバック

この記事のトラックバックURL

(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
HN:
luna
性別:
女性
自己紹介:
彼の日記を元にlunaが妄想で日記を書いてます。
もちろん全部フィクションです。
あなたもlunaと一緒にステキな妄想してみませんか。
できれば「luna=あなた」で妄想しながら読んで下さい。