忍者ブログ
12 3 4 5 6 7 89 10 11 12 13 14 1516 17 18 19 20 21 2223 24 25 26 27 28 2930 31

[PR] 

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

生放送 

生放送があった日

彼は
深夜0時を過ぎてから帰宅した。


静かにリビングのドアを開けて中に入ってきた彼

私はそっと彼に近づき
そしてそっと彼に抱きついた


彼の胸に顔をうずめて
「おかえりなさい」とつぶやいた


彼は私の背に腕をまわしながら
「ただいま・・・」と答えてくれた


私たちはしばらく
そのままじっと
言葉を交わさず抱き合っていた





もう何日も前から
幾度も練習を重ねて本番に臨んだ

出だしの音さえきちんと取れれば
大丈夫・・・

そう言いながら
出かけた彼





私はテレビの前で緊張しながらその時を待っていた




ひとつひとつのことば
ひとつひとつの音

丁寧に一つずつ

彼の歌を聴きながら
涙が溢れてとまらなかった



歌い終わったあと・・
きつく握った手のひらに
自分自身の爪が食い込んで跡を残していた




どれくらいの時間がたったのか


「やっちゃった・・・」
そう言ってペロっと舌をだした彼

照れたようにはにかんで笑う彼が
とても愛おしかった



歌詞をちょっとだけ間違えたのね


私は何も言わずに彼をギュッと抱きしめた



にほんブログ村 芸能ブログ 男性アイドルへ
にほんブログ村









▼つづきはこちら▼

この記事へのコメント

この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








この記事へのトラックバック

この記事のトラックバックURL

(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
HN:
luna
性別:
女性
自己紹介:
彼の日記を元にlunaが妄想で日記を書いてます。
もちろん全部フィクションです。
あなたもlunaと一緒にステキな妄想してみませんか。
できれば「luna=あなた」で妄想しながら読んで下さい。