忍者ブログ
1 2 3 4 5 67 8 9 10 11 12 1314 15 16 17 18 19 2021 22 23 24 25 26 2728 29 30 31

[PR] 

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

無防備になって・・・ 

気がつくと
雨が降りだしていた。

リビングの窓は雨粒で覆われ
街の灯もギラギラと滲んで見える。

 

彼は仕事で
まだ帰ってこない。


時計の針はとっくに0時を回っていた。

 

私は録画してあった彼の出演している番組を見ながら
彼が載っている雑誌を手にとった。

 

「俺のそばにいるときは無防備になってかわいい部分を見せてほしい」

 

私・・・あなたの前では
かなり無防備だと・・・・そう思う

私の方がずっと年上なのに
私を包み込むあなたの優しさに
全力で甘えていると・・・・そう思う

 

 

彼と付き合い始めた頃

私はかなりつっぱっていた。
だって
私は彼より年上だから

あなたのペースに巻き込まれないからね・・・って
心の中に必死で突っ張り棒立ててた。

 

でも
言われたの

まさにこの言葉通りに・・・

 

もっと無防備になって
飾らないで
さらけ出して
ルナの全部をみせて


俺だけのルナでいて・・・

 

彼の大きな瞳が
熱っぽく潤んで
まっすぐ前から
私のこと見つめてた。

 

私は
彼の瞳にすいこまれて
とろとろに溶けてしまった。


そして少しずつ
素の自分をさらけ出せるようになっていったの。

 

 


グラビアの彼を見つめる。

テレビ画面の彼を見つめる。

手を伸ばしても
サワレナイ・・・


彼の体温のぬくもりを感じることができない。

 


不意に私の瞳から涙がこぼれ落ちて
次から次へと頬をつたって

グラビアの彼の写真を濡らした。


急に胸が切なさでいっぱいになって
苦しくて
寂しくて

私は暫く泣き続けていた。

 

 

 

 

 

▼つづきはこちら▼

この記事へのコメント

この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








この記事へのトラックバック

この記事のトラックバックURL

(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
HN:
luna
性別:
女性
自己紹介:
彼の日記を元にlunaが妄想で日記を書いてます。
もちろん全部フィクションです。
あなたもlunaと一緒にステキな妄想してみませんか。
できれば「luna=あなた」で妄想しながら読んで下さい。