忍者ブログ
1 2 3 4 5 67 8 9 10 11 12 1314 15 16 17 18 19 2021 22 23 24 25 26 2728 29 30 31

[PR] 

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

思い切り・・・ 

彼は朝から
仕事部屋にこもり

ずっと調べものをしている。




3時近くなって
私は彼の部屋のドアをノックした。



中から反応がないので
そっとドアを開けてみると・・・




さすがに疲れたのか
彼はソファでうたた寝していた。


私は彼にブランケットをかけて
そっと部屋を出た。




それから2時間近くたって・・・

「ちょっとジム行ってくるわ」
と彼は出かけて行った。




ジムのあと
何かおいしいもの食べよう
と言う彼の提案で


私は支度を整え出かけた。




私がお店に着いてから15分ほどして彼がやってきた。

今日はお豆腐料理のお店
ジムで思い切り走ったという彼は

「はらペコ」
と言いながら
よく食べよく飲み
食べ盛りの少年のようだ。



「何か悩んでることがあるの?」
私は気になっていたことを聞いてみた。




彼は何か悩みがあったりすると
思い切り走って
思い切りたべて
思い切り寝る
という
実にわかりやすい行動に出る。



「悩んでるっていうかさ・・・。」
視線をおとた彼は少し黙りこんでしまった。

伏し目がちな彼の長いまつげが
彼の顔に影を落とし

とても哀しそうな印象をつくる。


「どう言えばいいかな・・・。新しい仕事の事とか・・・。少しだけ不安があってさ」

そう言って私を真っすぐな瞳で見つめる。


「心配しなくていいよ。大丈夫だから」



私はそれ以上踏み込めなくて
彼のグラスに
日本酒をついだ。






▼つづきはこちら▼

この記事へのコメント

この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








この記事へのトラックバック

この記事のトラックバックURL

(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
HN:
luna
性別:
女性
自己紹介:
彼の日記を元にlunaが妄想で日記を書いてます。
もちろん全部フィクションです。
あなたもlunaと一緒にステキな妄想してみませんか。
できれば「luna=あなた」で妄想しながら読んで下さい。