忍者ブログ
1 2 3 4 5 6 78 9 10 11 12 13 1415 16 17 18 19 20 2122 23 24 25 26 27 2829 30 31

[PR] 

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Dance with・・・ 

クライアントとの食事が長引いてしまった。

今夜こそは彼より先に帰宅して
彼が帰ってきた時に家にいてあげようと思ったのに


そう思いながら玄関のドアを開けた。

そこには見慣れた彼の黒いエンジニアブーツが私を出迎えてくれた。


やっぱり私の方が遅かった・・・


ワイン飲みすぎたかな・・・
無理に杯を重ねてふらつく足でリビングへ続く廊下を進んだ



そっとドアを開けると
彼が踊っているのが見えた。


テレビの画面に映像を映し出している

リビングの入口に背を向けて画面を見ながらおどっている彼は
ヘッドホンをしているせいもあり
私が帰ってきたことに気がついていないようだ





私は彼に見つからないように
リビングの端で
彼が一心に踊る姿を見つめた



部屋の照明は全て消されて
ダウンライトの明かりだけが彼を照らしていた。


まるでリビングルームが
ステージになってしまったみたい・・・


彼はどんなところでもキラキラと輝いているのだ。




何か新しい振り付けなのか
何度もステップを確かめ

ストップと再生を繰り返し
彼は踊り続けた



最後に
通しで踊ること3回・・・


彼は漸くヘッドホンを外し
万歳をするように大きく手を広げた





私は小さく拍手をした。


「ルナ!!」

驚くように振り向く彼


「帰ってたんだ。おかえり」

前髪が汗で額にはりついていた。




「こっそり見学させてもらっちゃった。すごい激しいダンスだね」

私は彼に歩み寄りタオルとミネラルウォーターを渡した。



キャップを開け
ごくごくと喉をならして水を飲む
勢い余って喉元に水が溢れる



「あ~気持ちよかった。踊って踊って踊りまくったよ」

タオルを首にかけ
少し落ち着いた様子。




「ルナも踊ろうよ」
私の手を引っ張る。


「え~。無理無理」
そう言う私の手を取り腰に手を回してステップを踏み始めた。


「ほら、前に少し教えてあげたでしょ。こうやってこう」



私は彼にリードされながら
優雅に・・・とは言えないステップを踏んだ。




と・・・・

まだ酔が冷めない私は足がもつれて
その場に倒れそうになった。

そんな私をがっちり捕まえくれた彼

私は彼の腕の中にすっぽりとおさまってしまった。


「ごめんなさい・・・ちょっと酔ってて」


「いいよルナ・・・」


彼は私の背中を優しく撫でてくれた。



「ドラマ・・・見たでしょ」
彼が囁いた


「ん・・・そう。この前ひとりで寂しかったから・・・
でも・・・なんでわかったの?」



「だってDVD入れっぱなしだったから」



彼が若い時に出演した社交ダンスを踊るドラマ
見たばかりだった・・・・



そしてこうやって・・・今・・・彼の腕の中で踊る・・・


酔がまわった頭では
現実なのか夢なのかわからなくなってしまった



彼が私に頬を寄せて
唇にそっとkissしてくれた。


キスは少しだけしょっぱかった・・・
彼の汗の味がした・・・






にほんブログ村 芸能ブログ 男性アイドルへ
にほんブログ村





▼つづきはこちら▼

この記事へのコメント

この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








この記事へのトラックバック

この記事のトラックバックURL

(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
HN:
luna
性別:
女性
自己紹介:
彼の日記を元にlunaが妄想で日記を書いてます。
もちろん全部フィクションです。
あなたもlunaと一緒にステキな妄想してみませんか。
できれば「luna=あなた」で妄想しながら読んで下さい。