忍者ブログ
1 2 3 4 5 6 78 9 10 11 12 13 1415 16 17 18 19 20 2122 23 24 25 26 27 2829 30 31

[PR] 

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

風邪ひきさん2 

薬が効いて高い熱は下がったけど
微熱が取れない・・・

 

「だるい・・・」
とベッドから出てこない彼。

 

今日は一日おとなしく過ごすらしいです。

 

 

ちょこちょこ部屋をのぞいてみるけど
ずっと寝てる・・・

 

余程疲れてたんだね・・・

 

 

お昼になったので
おかゆを作って彼のところへ持って行った。

 

 

「具合はどう?」

 


「まだ・・・だるい・・・」
ホントにだるそう・・・

 


「おかゆ作ったけど・・・」

 


「腹へってない・・・」
苦しそうな声・・・

 

「そっか・・じゃあ・・また後でもってくるね」

 

「ルナ・・・」
部屋を出ようとした私に彼が小さく声をかけた。

 


「ルナが食べさせて・・・」

 

少し甘えたような口調の彼は
小さな子どもみたい。

 

 


彼のぷっくりした唇は
とても魅惑的で・・


そんな彼の口に少しずつ
スプーンを運ぶ


ただそれだけの事なのに

 

私はなんだか
すごくドキドキしてしまった。

 

 

 

「ルナ・・・」
私の名前を呼ぶ彼の
その声のトーンで
彼が何を望んでいるのか
わかる・・・


私はそっと彼の唇にキスをした。

 

 

 


「一緒に寝て・・・」
彼は私の手をとった。

 

 

私は彼の隣にそっと滑り込んだ。
微熱がある彼のからだは思ったよりも熱い・・・

 

 

「ぴったりくっついたら・・・私が熱を吸収するかも」
私は彼の背中に手をまわして彼をぎゅっと抱きしめた。

 


 

▼つづきはこちら▼

この記事へのコメント

この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








この記事へのトラックバック

この記事のトラックバックURL

(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
HN:
luna
性別:
女性
自己紹介:
彼の日記を元にlunaが妄想で日記を書いてます。
もちろん全部フィクションです。
あなたもlunaと一緒にステキな妄想してみませんか。
できれば「luna=あなた」で妄想しながら読んで下さい。