忍者ブログ
1 2 3 4 5 67 8 9 10 11 12 1314 15 16 17 18 19 2021 22 23 24 25 26 2728 29 30 31

[PR] 

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ダイヤモンドヴェール 

「ルナ・・・見て
東京タワーがブルーに光ってるよ」
 


彼が指差す方向に
青い輝きをまとった東京タワーが見えた。

 

水のような澄んだ青・・・


 


「綺麗・・・」
ワイングラスを彼に渡しながら
私も彼の隣に並んだ。

 


今日は朝から忙しくて
休む暇もなかったよ。と
帰宅してすぐにシャワーをあびた彼は

少しずつ楽しむように
ゆったりと好きなワインを飲んでいた。


 


「ルナのためにオレが魔法をかけたんだよ」

 


「素敵な魔法なのね」

 


二人はしばらく
アクア・ブルーに光るタワーに見とれていた。


 

「ルナ・・・」

 

彼は私を抱き寄せた。
私はそっと目を閉じて
彼の腕に包まれる幸せを感じていた。


 


リビングには
ミディアムな感じのロックが
小さく低く流れていた。





「水と命・・・」
彼がつぶやいた

 

「なぁに水と命って」

 

「今日の東京タワーのメッセージだよ」

 

「そうなの・・・このブルーにはそんなメッセージが込められているのね」
私は彼の胸に埋めていた顔をあげ
もう一度東京タワーを見た。


 

2時間限定のライトアップ
今夜はダイヤモンドヴェール





「Ti Amo・・・」

 

「それは私へのメッセージなの」

 

「そうだよ・・・そしてこれも・・・」


 

そう言うと彼は私にkissをくれた。

 


 

▼つづきはこちら▼

この記事へのコメント

この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








この記事へのトラックバック

この記事のトラックバックURL

(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
HN:
luna
性別:
女性
自己紹介:
彼の日記を元にlunaが妄想で日記を書いてます。
もちろん全部フィクションです。
あなたもlunaと一緒にステキな妄想してみませんか。
できれば「luna=あなた」で妄想しながら読んで下さい。