忍者ブログ
1 2 3 4 5 67 8 9 10 11 12 1314 15 16 17 18 19 2021 22 23 24 25 26 2728 29 30 31

[PR] 

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ウエディング 

彼と私の共通の友人の結婚式に出席するために
1泊2日ででかけた。


式は軽井沢の教会。

 

 

 


彼の運転する車で遠出するのは
かなり久しぶり。

 

 

秋晴れ
気持ちいいドライブ日和


高速道路に渋滞はなくて

彼は気持ち良さそうに車を走らせていた。

 


運転している彼の横顔がとても好き


いつまででも見ていたい・・・

そんな風に思っていると

 

私のほうをみて
彼がニコッと笑った。

 


「ルナ、アメ~」

 


運転しているときに
なぜか甘え口調でそう言う。

 

私は
そっと彼の口にアメを入れてあげる。

 

 

「Grazie!」

 

スピーカーから流れてくる音楽に合わせて
鼻歌を歌っている彼は
とてもリラックスしている様子。

 


2時間ほどで軽井沢に着いた。

日差しは強いけど
空気はひんやりと冷たい。

 

車から降りた彼は
「寒っ」と
後部座席に置いてあったジャケットをはおった。
そして私にもストールを渡してくれた。


「風邪ひかないようにしなくちゃ」


そして
そっと差し出された彼の左腕に
私の右手を絡ませて
軽井沢の街中を散策した。

 


ふらりと入ったお店で
彼がシルバーのピンキーリングを買ってくれた。


星と三日月のチャームが付いている
小指にはめると
チャームが小さく揺れてとても可愛い。


リングにイニシャルを入れてもらう間


ボートに乗りたいという彼の提案を受け入れ
2人で
湖に漕ぎ出した。

 

 

二人で向かい合って座るのが
なんとなく照れくさい。

 


オールを握る彼の腕の筋肉に
湖面の光が反射してキラキラ光っていた。

 


私は
何故か突然
その腕で抱きしめられた感覚を思い出して
赤面してしまった。

 

 

 

 

 

 


 

▼つづきはこちら▼

この記事へのコメント

この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








この記事へのトラックバック

この記事のトラックバックURL

(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
HN:
luna
性別:
女性
自己紹介:
彼の日記を元にlunaが妄想で日記を書いてます。
もちろん全部フィクションです。
あなたもlunaと一緒にステキな妄想してみませんか。
できれば「luna=あなた」で妄想しながら読んで下さい。