忍者ブログ
1 2 3 4 5 67 8 9 10 11 12 1314 15 16 17 18 19 2021 22 23 24 25 26 2728 29 30 31

[PR] 

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

おそうじ日和 

朝の情報番組を真剣にチェックする彼。


気象予報士の男性が
「お洗濯お掃除は今日のうちにすませましょう。明日からお天気下り坂です」
と言っていた。


日の入りの時間が1分ずつ早くなり
夜の時間の方が長くなっていくのだ。





「夜の時間の方が長くなるなんて・・・なんとなく寂しい感じがする」
私がそう言うと


「ルナと過ごす夜の時間が増えるのは
なんとなく楽しいよ。いろんな意味で」
と彼はニヤニヤしながら答えた。


「でも
昼の時間を大事にしなくちゃだよな」

するといきなりスイッチが入った様子の彼・・・


「よーし!!掃除しよう」

と家の掃除をはじめた。




思いつくとすぐ実行に移しちゃうんだから。





掃除・・・といっても

掃除機をかけるだけだけど(笑)




掃除機をかけている彼の腕が
なんだか逞しくて
クラクラしてしまいました。





ひととおり掃除を終えた彼は
リビングのラグに寝転がり


「スッキリした~」

と伸びをしていた。




「お疲れさま」と
ミネラルウォーターを差し出すと
彼は一気に飲み干し


「今日のノルマまであと・・・1リットルかな?」


そう言いながら
今度はフローリングの床に寝転んだ。





そして
「マジで気持ちいいわ」
と目を閉じた。




キッチンへグラスを置きに行き
戻ってくると


彼は・・・



寝ていた。



無防備な寝顔がとても愛しい・・・。





毎日見ているのに

それでも見ていたいと思う彼の寝顔。


私はそっと彼の隣に横になり
彼の胸に顔をうずめた。



彼の香りがした。
とても癒される安心する香り。
私は胸いっぱいに彼の香りを吸い込んだ・・・・。





















▼つづきはこちら▼

この記事へのコメント

この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








この記事へのトラックバック

この記事のトラックバックURL

(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
HN:
luna
性別:
女性
自己紹介:
彼の日記を元にlunaが妄想で日記を書いてます。
もちろん全部フィクションです。
あなたもlunaと一緒にステキな妄想してみませんか。
できれば「luna=あなた」で妄想しながら読んで下さい。